栄養価の高い葉菜類|黒酢にんにくの効果に吃驚|生き抜くための必要な成分

黒酢にんにくの効果に吃驚|生き抜くための必要な成分

栄養価の高い葉菜類

青汁

ビタミンKは少なめ

葉菜類から作られている青汁を飲むと、多くのビタミン類を摂取することができます。ビタミン類には、免疫力を高めたり、体内の活性酸素を除去したりする力があります。そのため摂取すると、風邪をひきにくくなったり、活性酸素による老化現象が起こりにくくなったりします。この効果から、多くの人が青汁を健康維持に役立てています。そして、青汁の中でもケールが原料となっているものには、特に高い人気があります。なぜならケールの栄養価は非常に高く、他の葉菜類よりも多くのビタミン類が含まれているからです。それでいて、血液を固める作用のあるビタミンKは、少なめとなっています。血液が固まりやすい人の場合、ビタミンKの過剰摂取を避ける必要があるため、ビタミンKの多く含まれている青汁を飲むことはできません。しかしケールで作られた青汁なら、過剰摂取の心配をせずに飲むことができるのです。

栄養価と苦味

ケールは、キャベツやカリフラワーの原種として知られています。栄養価が高い分、ケールには多少の苦味があるのですが、その苦味を減らすために品種改良されたものが、キャベツやカリフラワーなのです。そのためキャベツやカリフラワーは、苦味をほとんど気にせずに食べることができますが、その分栄養価はケールよりも低くなっています。つまりケールから作られた青汁を飲めば、キャベツやカリフラワーを食べるよりも、多くの栄養分を摂取できるということです。ある程度の苦味はありますが、青汁にはそれを打ち消す工夫が凝らされています。具体的には、黒糖や抹茶などを加えることで、風味を整えてあるのです。たっぷりと栄養補給ができる上に、風味を楽しむこともできるので、ケールで作られた青汁には高い需要があります。